●ごあいさつ


今般の新型コロナウィルス感染拡大による影響は、世界各国に及び弊社としても一日も早い収束を心よりお祈りし、経済活動が再び活性化し、元の世界に戻ることを切に願っております。

私は、令和元年11月に弊社3代目として株式会社石井工業代表取締役社長に就任致しました。

弊社は、昭和56年に設立され、当時より地域社会をはじめ、多くの皆様方に多大なるご愛顧を頂き、工事・メンテナンス・商品開発等の実績を積み重ねて参りました。

『水と空気とエネルギーをテーマに快適な生活づくりを目指す…』

この先代からの企業理念を忠実に踏襲し地域はもとより世界規模での環境問題へ貢献することこそが弊社の使命と考えております。
そして『工事』・『メンテナンス』・『商品開発』を主体とし、時代の変革、クライアント様のご要望にお応えできる人材の育成と新たな技術力の開発を積極的に進めて参ります。
人材育成に関しましては、外国人人材の積極的な育成と採用が必要と考えており、グローバルな時代に対応できる企業を目指し、かつ真心を大切にし常に正直な会社であり続けるよう努めて参る所存です。

前社長同様、今後とも、ご指導ご鞭撻を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。




●取締役新体制


【代表取締役会長】    奈 良 力 男

【代表取締役社長】    横 堀 一 広

【代表取締役副社長】   高 橋 純 一

【専務取締役】      奈 良 悦 子

【常務取締役】      飯 嶋 一 朗


 ※ 2019年11月1日より上記の体制となりました。



●環境づくりがテーマ


 地域を担い今後の自治を支えていく、意欲と能力を持つ人材や組織を育み、こうした人材や組織が積極的かつ自立的に町の活性化政策に参画できるよう仕組みやルールを整え、地位住民・行政がお互いの理解のもと共に力をあわせ新たな時代に対応できる町づくりを目指すことができるよう石井工業は努めております。

 相互が支えあい助け合う、ふれあいと温もりの地域社会を継承するとともに、きめ細かいところまで目が届くよう子どもからお年寄りまで地域住民一人ひとりが快適でかつ安全・安心して暮らせる環境を整備し住み良い町づくりをすることが弊社の永遠のテーマであります。

 自然、歴史、文化、産業などの地域の特性と多彩な地域資源を最大限に活用しながら質の高い暮らしの環境づくり、地域間競争を勝ち抜くための産業づくり、住民が誇れる魅力ある郷土づくりにより活力が創造される町作りの為に何が必要かを考え自社だけでなく地域全体として何が必要かを考え、それを実行するための努力を惜しみません。

 弊社にできることで地域全体の活性化につながることであれば積極的に参画し快適な環境づくりの実現を目指します。

PARTNERS

石井工業は様々な企業・機関・施設等と連携し、よりレベルの高い業務を実施すべく努力しております。
これら以外にも弊社には多数の提携を結ぶ企業があり、それらとの連携により更に質の高いワンストップサービスを実現しております。
事業に関わる事なら設備関係以外の分野も対応するワンストップサービスは石井工業だけです。